千葉県印西市のレインボー学童クラブ/レインボー第2学童クラブ

よくあるご質問(FAQ)

よくあるご質問(FAQ)

入所について
入会説明会や見学会の情報はどこでお知らせしていますか。

随時ホームページにてお知らせしております。
情報掲載が無い場合は、お問い合わせください。

入所時の受け入れ基準・審査などはありますか。
保育定員を超えた場合には、入所児童の学年、家庭環境及び保護者の就労状況、面接の要件で判断し決定をいたします。
どのように入所の申請をしたらいいですか。

◆年度途中の入所
クラブまでお問い合わせください。
◆来年度の4月1日からの入所を希望の場合
例年、前年度の11月から12月の期間に申請期間を設けています。
詳細はコチラをご確認ください
◆短期入所(夏休み等の長期休みのみの入所)
原則、クラブの定員に空きがある場合のみ募集をいたします。
詳細はコチラをご確認ください。

クラブ利用について
レインボー学童クラブ、レインボー第2学童クラブでは違いはありますか。

年間スケジュールや1日の流れは基本同様です。
また、クラブ間の交流は活発で、子ども達は多くの時間を一緒に過ごすことができます。

希望するクラブに入所することはできますか。
異学校、異学年の交流を大切にしております。そのため、クラブごとの男女、学校、学年バランスを鑑みて、入所するクラブを決定させていただきます。ただし、兄弟に関しては同じクラブに入所できるように配慮いたします。
保護者がクラブ運営に関わる事はありますか。

保護者がイベントの準備や、おやつの購入、会計業務といったクラブ運営の業務をすることはありません。

食物アレルギーがありますが、対応はしてもらえますか。

食物アレルギーのため、家庭からおやつを持参するといった対応は可能です。
詳細はお問い合わせください。

宿題に取り組む時間はありますか。

クラブでは「宿題は子ども自身が、自分で取り組むことで力になる」「保護者にお子さんの学習の様子を把握してほしい」という考えのもと、声掛けを行っています。お子さんが計画的に取り組むことができるように、ご家庭で話し合いをお願いします。

悪天候や学級閉鎖などによる学校休日について教えてください。

◆学校から「休校」を伝えられた場合
原則、利用できます。
◆学校から「自宅待機」(天候不良等により、学校の登校時刻の遅延)を伝えられた場合。
原則、学校の登校前は利用できません。
◆感染症拡散防止の為の学級閉鎖等の場合
原則、学級、学年、学校閉鎖の対象となった児童は利用できません。

送り迎えについて
子どもが下校後にバスにちゃんと乗れるか心配です。

毎日、スマートフォンアプリを利用した出席確認を行っております。
また、お迎えの時に子どもが現れなかった場合は、学校、保護者に連絡をいたします。

自宅まで子どもを送ってくれますか。

個々の家庭への送迎は行っておりませんので、クラブでの子どもの引き渡しとなります。
ただし、千葉ニュータウン中央駅、印西牧の原駅行きのバスを運行しますので、駅で引き渡しをすることができます。

「送迎対象校」ではない場合、入所できますか。

印西市内に居住し小学校に就学している場合、入所申請を受け付けます。
ただし、送迎手段はご家庭でお願いすることになりますので、申請時にご相談ください。

学校がお休みの時もお迎えはありますか。

夏休み等の長期休暇、学校行事等の振替休日の場合、小学校への送迎は行っておりません。
ただし、希望者がいる場合、平日朝8時よりクラブ行きのバスを千葉ニュータウン中央駅、印西牧の原駅より運行しますので、利用することができます。

敷地外の習い事や部活動等への送り迎えはしてくれますか。

◆敷地外の習い事
クラブの運営に支障をきたす観念から、当クラブ職員による送迎は行っておりません。
尚、午後5時までは児童一人での帰宅等を許可しておりますので、クラブからバスに乗車し千葉ニュータウン中央駅、印西牧の原駅から習い事に通うお子さんもいらっしゃいます。
◆部活動
部活動は学校カリキュラム外の活動のため、当クラブの送迎を行っておりません。

その他
こども園がインターナショナルスクールなので、学童クラブでも英語活動はありますか。

当学童クラブでの英語活動はありませんが、施設内の習い事で英語教室はございます。ぜひご検討ください。

クラブの敷地内で習い事が受けられると聞いたのですが。

敷地内でRWI Afterschoolが「英語教室」「書道教室」「ピアノ教室」「運動教室」を行っております.
上記の習い事はクラブでの活動時間内に行っておりますので、お子さん1人でクラブと習い事を行き来することができます。

お問い合わせ
電話番号:0476-85-7610
メール: info@rwi-studentcare.jp

 

トップへ戻る